タイトル画像

COST -費用-

COST -費用-


 ジュエリーのコストを下げようとすれば、原材料を安く仕入れることが必須条件です。そのほか、加工費を出来るだけ下限まで抑えるように努め、使用する地金を軽くしたり、量産して生産コストや営業コストを低くするように努めざるを得ません。

             『THE リーフ』

 近年、ジュエリーの販売競争はますます低価格化競争の様相を呈してきました。そのため労働工賃の安い東南アジアで生産したり、地金の使用量を少なくする為、中空マシンメイドの商品が開発されました。しかしこうしたコストダウンの方策は決してジュエリーの価値を高めるものではありません。むしろジュエリーの品位を落とすものであり、その価値の恒久性に逆行するものであります。中空のマシンメイド商品は、ピアスやイヤリングなどの一部のジュエリーを除いて、ほとんどは日常の使用頻度に耐えることが出来ず、その価値を持続できません。
 このような低価格化競争による量産ジュエリーの洪水の中から、生涯に亘って永く愛用できるジュエリーを見つけ出すことは、困難でしょう。
・・・つづく。




宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)