タイトル画像

現代の宝飾事情

宝石の裏側vol.1
現代の宝飾事情


 ジュエリーが巷に氾濫し、見つけられないのは親指用の指輪だけだといわれています。しかし他方、持っているジュエリーに飽きてしまい、地金に処分したり、リフォームに持ち込まれるジュエリーが後を絶たちません。せっかく買い求めても、それを使って楽しむ場所がなく、ついしまい込んでそのまましまった場所も忘れてしまうという話を聞くと、これが日本のジュエリーステージの実情なのだと了解せざるをえません。
 実に女性のジュエリーの楽しみ方こそが、その国の文化を反映しているといえるのです。したがって現代の宝飾品事情を探っていくと、われわれの時代の生活感覚や生き方の特徴が浮き彫りになってきます。


           『蛙』

 二重価格による価格操作、キャッチ商法まがいの折込チラシ、有名タレントを利用してのTVショッピングなど、売り手側の販売競争は消費者の視覚をますます惑わす方向へエスカレートしています。ディスカウント店だけでなく百貨店までもが粗悪なジュエリーを当然格安、激安にし、客寄せの道具に使っているのが現状であります。
 ジュエリーはいまや目をそむけたくなるような雑貨品になり、生活消耗品の感さえします。
人類の歴史の中でジュエリーの無い時代や社会は存在しなかったように、どのような社会にあってもジュエリーは必要不可欠な存在なのであります。ひとつのジュエリーを紐解いていき、時代や社会、生活のたたずまいを探ることにしましょう。・・・つづく


宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop