タイトル画像

妖艶セットに注目!

ちかまの窓から
【宝石屋さん.com やまやくらぶ】



本日【4/22】の弥馬屋は・・・妖艶セットに注目!
  ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-



々な所で、
今、パンジーが満開です

花の色が紫、黄、白の3色で彩られていることから、
三色スミレとも呼ばれているパンジーは・・・

妖艶なパンジー
別名『遊蝶花』、『胡蝶花』とも呼ばれています

パンジーは英名で、
フランス語の『パンセ(思い)』に由来するとか

シェークスピアの喜劇『夏の夜の夢』で、
パンジーの花の汁は、媚薬として登場します

蝶の羽さながらに広がった、ビロードのような
花弁のあでやかさも、妖艶なイメージにぴったりですね。
(『美しい季語の花』より)

さて本日は、パンジーのような
紫色のピスラズリに注目ください

ラピスラズリの神秘的な紫色は、
古代エジプトでも死者を守る石とされ・・・

この石を眼の形に切り取り、黄金で縁取った、
『ラーの眼』は、強力な護符とされています

削って絵の具にも使用され、
長い間、黄金と同じような価格で売買されていたそうです

そんなラピスラズリを、
ペンダントとピアスのセットでご覧いただきたいです。

その紫色が、
あなたを妖艶な女性に変身させますよ

今日はきょうの風が吹く
=********=********=********=********=********=


あの頃の名作をもう一度・・・

 本日の名作はこちら
yyトパーズリング
【pt900K18 トパーズ リング】デザイン画

『ブラジルといえばサッカーですか?それともボサノヴァ?いやいや
サンバ?アマゾン?コーヒー?世界各地から移民が集まり、互いに
仲良くやっている国という印象も強いですね。
さて、ブラジルと言えば宝石!と感じた方も少なくないと思います。ト
ルマリンを初めアレキサンドライト、エメラルド、アクアマリン、クンツァ
イト、ガーネット、ご覧のデザイン画のトパーズなど、驚くほど多種多
様な宝石たちがこの大地に眠っています。思い返せば18世紀初めに
ダイヤモンドの産地として、ヨーロッパの王侯貴族たちの虚栄心を満
たしたのもブラジルでした。
お気づきの通り、地球上において宝石の産地には大きな偏りがあり
ますね。日本でも数種の宝石は採掘されますが、質・量ともにブラジ
ルとは比べ物になりません。んー、いいなぁ・・・ブラジルって(´З`)/』


   デザイナーが自分のデザイン画をネタに語る
もっともっとデザイン画集を楽しもうよ
名作とデザイナーのオモシロ解説が満載。
=********=********=********=********=********=

【リフォームの相談でお越しいただくお客様へ】
 順番にお伺いいたしますが、ご予約の状況や、
 前の方のご相談内容により、かなりのお時間、
 お待ちいただくことがございます。

 混雑状況などは、店頭にお問い合せくださいませ。
 みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅【北口】より、ゆっくり歩いて2分ていど、
ホテル町田ヴィラ1階にございます。
弥馬屋へのアクセスはこちらをクリック
営業時間/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(ホテル代表)
=********=********=********=********=********=

【弥馬屋のエッセンスがここにつづられています】
弥馬屋グループ創業者 内藤幹弘
著書 『宝石の裏側』 新潮新書より
       著書
 新潮社 ¥714(税込) 韓国版もでました
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)