タイトル画像

雁の小枝に注目!

ちかまの窓から
【宝石屋さん.com やまやくらぶ】



本日【4/12】の弥馬屋は・・・雁の小枝に注目!
  ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-



ざしが暖かくなり、
雁が北へ帰っていくころです

北の海へ
群れをなし、薄曇りの空の下、
北の海を渡っていきます。

昔からつづく鳥の習性とはいえ・・・

なんだか旅の厳しさを思うと、
いじらしくて、胸がしめつけられる思いがしますね

この時期の北国の曇り空を、『鳥曇』といいます

そして鳥の群れがはばたく羽音は、風の鳴るように聞こえるので、
『鳥風』と言われるとか。

さて、
『雁風呂』という春の季語があります

秋に雁が海を渡ってくるさいに、
海面に浮かべて休むための、小枝をくわえてきます

無事に浜辺に辿り着くと、そこでその枝を落とし、
次の春には同じ枝を浜辺で拾って北へ帰ります。

冬の間に亡くなった雁の枝は、
浜辺に残ったままとなります

そこで浜の人は供養のため、
その枝で焚いた風呂を旅人にふるまったそうです。
(『日本の七十二候を楽しむ』より)

なんとも意味深い習慣ですね。

そこで本日、注目していただきたい弥馬屋のジュエリーは、
雁の残した小枝のようなペンダント

18金の小枝に葉とツルがついたデザインで、
なんとも雰囲気のある、オリジナルの一点ものです

今日はきょうの風が吹く
=********=********=********=********=********=


あの頃の名作をもう一度・・・

 本日の名作はこちら
yyカラーストーンペンダント
【K18 カラーストーン ペンダント】デザイン画

『お母様から受け継いだ古ーい古ーい宝石を、なににも仕立てる
ことなく、裸石のまま宝石箱の片隅に放っておくこと数十年。
なんと!耐えかねた宝石は自らツルを伸ばしはじめ、チェーンに
からみつき、ペンダントに化身した・・・という物語のペンダントを
デザインしてみました。
宝石たちは箱から飛び出して、外に出たがっていますよ!
宝石を身につけて出かけてあげてくださいね(@^^)/~~~』


   デザイナーが自分のデザイン画をネタに語る
もっともっとデザイン画集を楽しもうよ
名作とデザイナーのオモシロ解説が満載。
=********=********=********=********=********=

【リフォームの相談でお越しいただくお客様へ】
 順番にお伺いいたしますが、ご予約の状況や、
 前の方のご相談内容により、かなりのお時間、
 お待ちいただくことがございます。

 混雑状況などは、店頭にお問い合せくださいませ。
 みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅【北口】より、ゆっくり歩いて2分ていど、
ホテル町田ヴィラ1階にございます。
弥馬屋へのアクセスはこちらをクリック
営業時間/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(ホテル代表)
=********=********=********=********=********=

【弥馬屋のエッセンスがここにつづられています】
弥馬屋グループ創業者 内藤幹弘
著書 『宝石の裏側』 新潮新書より
       著書
 新潮社 ¥714(税込) 韓国版もでました
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)