タイトル画像

活力の源に注目!

ちかまの窓から
【宝石屋さん.com やまやくらぶ】



本日【2/26】の弥馬屋は・・・活力の源に注目!
  ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-



崎潤一郎が『細雪』の中で、
『形から云っても、味から云っても、鯛こそは最も日本的なる魚であり、
鯛を好かない日本人は日本人らしくないのであった』

・・・と書いてあるように、
鯛は特別な魚という思いが私たちにありますね

んまそー

鯛の語源は『平らな魚』という意味だそうですが・・・

この『平ら』は、
均整がとれているという意味も含まれているそうです

『金目鯛』、『石鯛』、『目鯛』、『赤魚鯛(あこうだい)』など、
鯛とつく魚は200種類もあるのだそうです

ところがその中で、本当にタイ科なのは、
『真鯛』、『黒鯛』など13種類だけだそうです

そしてそれ以外の鯛は、
『肖り鯛(あやかりたい)』と呼ばれています

海魚の王、『真鯛』に肖りたい・・・
という思いから名づけられたそうです
(『美人の日本語』より)

さて、私も肖りたい方がいます

私ども弥馬屋のお客さまは、
皆さま若々しく、活動的で、颯爽としていて・・・

私が肖りたいところばかりお持ちです

エネルギッシュにジュエリーを着飾る
お客さまを見ていると・・・

ジュエリーは、そんな生き生きと、
活発な皆さまの活力の源なのかもしれないと感じます。

本日も、弥馬屋においでになるお客さまに肖って、
いい仕事ができそうです

今日はきょうの風が吹く
=********=********=********=********=********=


あの頃の名作をもう一度・・・

 本日の名作はこちら
yyダイヤリング
【Pt900 ダイヤ リング】デザイン画

『貴金属の売却ブームに乗って、使わなくなった手持ちのジュエリーを
現金化したものの、それらに留められていた小さなメレダイヤは返却さ
れてきて、持て余していたそうです。
「よーく見たらその中の一部は、少し茶色っぽいメレダイヤでね、まぁ安
モノのジュエリーだったからねぇ・・・」と仰るお客様。
小さなメレダイヤは、いつの間にか紛失してしまう方が多いので、「いっそ
のこと、こんなリングに全部まとめて留めてしまいましょうか」などと言い
ながらラフ画を描き始めましたら、「あぁ!どうせならふたつに分離するよ
うにして・・・」とお客様にも火がついて、2枚3枚とラフ画を描くうちに、さ
っきまでは想像もできなかったデザインが生み出される。
すると【安モノの茶色っぽいメレダイヤ】だったはずの石が、【天然色ブラ
ウンダイヤ】と呼ばれるようになるからオモシロイ。』



   デザイナーが自分のデザイン画をネタに語る
もっともっとデザイン画集を楽しもうよ
名作とデザイナーのオモシロ解説が満載。
=********=********=********=********=********=

【リフォームの相談でお越しいただくお客様へ】
 順番にお伺いいたしますが、ご予約の状況や、
 前の方のご相談内容により、かなりのお時間、
 お待ちいただくことがございます。

 混雑状況などは、店頭にお問い合せくださいませ。
 みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅【北口】より、ゆっくり歩いて2分ていど、
ホテル町田ヴィラ1階にございます。
弥馬屋へのアクセスはこちらをクリック
営業時間/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(ホテル代表)
=********=********=********=********=********=

【弥馬屋のエッセンスがここにつづられています】
弥馬屋グループ創業者 内藤幹弘
著書 『宝石の裏側』 新潮新書より
       著書
 新潮社 ¥714(税込) 韓国版もでました
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)