タイトル画像

優しい雰囲気の新作に注目!

ちかまの窓から
【宝石屋さん.com やまやくらぶ】



本日【11/18】の弥馬屋は・・・優しい雰囲気の新作に注目!
  ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-



秋から初冬にかけて咲く花の多くは、
控えめに、そしてけなげに咲きますね

今、どこのお庭も
野菊が満開です

満開ですね。

白や淡い紫色、黄色の菊は・・・

独特の香りが気品に満ちていて、
たたずまいは優しい少女のよう

枯れ葉色の世界に光が差したように、
そこは美しい空間になります

立春のころの早咲きの梅は、
春の息吹を伝えて華やかですが・・・

立冬のころの野菊には、
枯れゆくものを見つめる、静かな美しさがあります。

さて本日はそんな野菊のような、
ピンクのパールと薄いグリーンのメノウをあしらった、
ロングネックレスにご注目くたさい

優しい雰囲気の新作でございます

今日はきょうの風が吹く
=********=********=********=********=********=


あの頃の名作をもう一度・・・

 本日の名作はこちら
yy陶器ペンダント
【K18wg 陶器 ペンダント】デザイン画

『長くこの仕事をしていると、じつに多様な依頼が舞い込みます。ジュエリー以外の
部品の製造を依頼される事もあれば、ご覧のように宝石以外のモノをペンダントに
する依頼もございます。
陶器は繊細な素材であるため、制作過程の大半は実物と同じ形状の模型で進めて
いきます。この模型、形状はもちろん、その重さまで実物同様に作ることでスイング
の度合いや、土台部分の爪の強度が計られます。
制作の最終工程になると模型ははずされ、極度の緊張感の中で実物の陶器が留め
られます。完成したジュエリーが華やかな光の世界で注目を集めるのとは裏腹に、
役目を終えた模型は舞台裏へと消えてゆく・・・。
思い返せば、誕生から影の存在として生みだされ、その活躍に光が当たることは決し
てない模型。姿かたちは実物に酷似していようとも、表舞台で注目されることはなく、
役目を終えれば破棄される運命の模型。
嗚呼・・・模型よ。私は知っているよ。頑張っている君を見ているよ。』



   デザイナーが自分のデザイン画をネタに語る
もっともっとデザイン画集を楽しもうよ
名作とデザイナーのオモシロ解説が満載。
=********=********=********=********=********=


【リフォームの相談でお越しいただくお客様へ】
 順番にお伺いいたしますが、ご予約の状況や、
 前の方のご相談内容により、かなりのお時間、
 お待ちいただくことがございます。

 混雑状況などは、店頭にお問い合せくださいませ。
 みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅【北口】より、ゆっくり歩いて2分ていど、
ホテル町田ヴィラ1階にございます。
弥馬屋へのアクセスはこちらをクリック
営業時間/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(ホテル代表)
=********=********=********=********=********=

私ども弥馬屋のエッセンスがここにつづられています
弥馬屋グループ創業者 内藤幹弘
著書 『宝石の裏側』 新潮新書より
       著書
 新潮社 ¥714(税込) 韓国版もでました
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)