タイトル画像

ダイヤモンドに注目!

ちかまの窓から
【宝石屋さん.com やまやくらぶ】



本日【11/12】の弥馬屋は・・・ダイヤモンドに注目!
  ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-



『秋思(しゅうし)』とは、
秋に感じるもの寂しい思いの事

寂しい・・・。

その一方、
春に感じる想いを『春思(しゅんし)』と呼びます

移りゆく四季が、
日本人の繊細な想いを呼び覚ますのですね

そんな繊細な言葉のひとつに、
『時雨心地』という言葉もあります

『時雨』は冬の通り雨の事ですが、
春時雨や秋時雨、蝉時雨、虫時雨・・・

他にも木の葉時雨や、落ち葉時雨など、
それぞれひとしきり降り注ぐ時に使われますね

そして『時雨心地』とは、
今にも泣きそう気持ちの事です

しかし今は悲しい時でも、
時雨と同じように、いつかやむ気持ちです

さて、例えばそんな風に気持ちが落ち込んだ時は、
ダイヤモンドを身につけるのが一番
(ですね)

昔からダイヤモンドは、
憂鬱を晴らす石といわれています

ピカッと光る一粒を見ていると、
なんだか気持ちもシャンとして

今日も一日、きっといい日になますよ

今日はきょうの風が吹く
=********=********=********=********=********=


あの頃の名作をもう一度・・・

 本日の名作はこちら
yyオパールリング
【Pt900K18 オパール リング】デザイン画①

『ユニークな形状のオーストラリアオパールを、最終的にご覧のデザインで
仕立てるとしても、この決定図案に至るまでには様々な紆余曲折を経てお
ります。依頼主の好みはもちろん、費用対効果も十分に考慮されています。
「リング部分はぎっしりとメレダイヤを留めて、華やかにしようか・・・」
「オパールの土台部はプラチナで・・・」
「サイズは#14にしようか#15にしようか・・・」などなど、
ご依頼主はデザイン相談の中で、どんな仕立てにしたら、これから先の自分
に最適かを何パターンも検証するのです。そんなデザイン相談中のラフ画は、
依頼主の【未来予想図】とも呼べるでしょう。
今回の依頼主が、自身の未来をイメージした経緯を、次回のこのコーナーで
ご紹介しますね。お楽しみに~』



   デザイナーが自分のデザイン画をネタに語る
もっともっとデザイン画集を楽しもうよ
名作とデザイナーのオモシロ解説が満載。
=********=********=********=********=********=


【リフォームの相談でお越しいただくお客様へ】
 順番にお伺いいたしますが、ご予約の状況や、
 前の方のご相談内容により、かなりのお時間、
 お待ちいただくことがございます。

 混雑状況などは、店頭にお問い合せくださいませ。
 みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅【北口】より、ゆっくり歩いて2分ていど、
ホテル町田ヴィラ1階にございます。
弥馬屋へのアクセスはこちらをクリック
営業時間/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(ホテル代表)
=********=********=********=********=********=

私ども弥馬屋のエッセンスがここにつづられています
弥馬屋グループ創業者 内藤幹弘
著書 『宝石の裏側』 新潮新書より
       著書
 新潮社 ¥714(税込) 韓国版もでました
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)