タイトル画像

美女ビジョンに注目!

ちかまの窓から

本日【5/27】の弥馬屋は・・・美女ビジョンに注目!
  ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-



『一入(ひとしお)』という言葉のもともとの意味は、
染色の時に、染料に一度浸すことだそうです

藍染などでは、
染料に浸すごとに色は濃く深くなっていきますね

徐々に染まります。

水色→水浅葱→浅葱→薄縹(うすはなだ)→浅縹→藍
→紺→かち色→濃紺と変化していきます
(美しく染まっていきます)

人の感情を表す時も、『喜びも一入』とか『一入見にしみる』というように、
心が染まっていくようすが、あらわれていますね

心と外見は一心同体

女性の美しさも、
美人といわれる方はたんに外見の美しさだけでなく・・・

何度も染めあげられた、
深い濃紺のような魅力を持っていると思います

そして心と装飾品も一心同体

身につける物は、
女性の内面をあらわしています

美女はジュエリーが似合いますもんね

さて本日の町田駅前店では、
あなたの美しさにますます磨きをかけたいと計画中です。

わたくしチカマが考えた、
美女の、美女による、美女のための企画です
(遊びに来て下さい

今日はきょうの風が吹く



月間の最優秀『ちかマド』はあなたの1票にかかっています。
本日【5/27】の『ちかマド』に投票してくださるお客さまは、
町田駅前店に設置した投票箱をご利用ください

   投票結果はこちらをクリック
=********=********=********=********=********=


あの頃の名作をもう一度・・・

本日はこちらを・・・
yyダイヤリング
【Pt900 ダイヤ リング】デザイン画

『ここ5年間くらいは、平均すると1500件(年間)ほどのリフォーム依頼を受
けますが、その中で、ふと気づいたことがございます。それは【どの方もあ
る時期から、ダイヤのひと粒リングというわけにはいかなくなるの法則】(笑)
ファーストジュエリーの時期は個人差があれど、ジュエリー歴をかさねていく
と、どの方も、ひと粒ダイヤのリングを何とかしたい病にかかります。初めて
の来店時にシンプルなダイヤモンドリングをお仕立てされたお客さまが、その
数ヵ月後に発病(笑)し、3角形のダイヤを2ピースとメレダイヤを20ピース追加
投入するデザインにリフォームしたケースもございました。
私としましては、数ヶ月前につくった自分のデザインを溶かすことになるので
複雑な気分でしたが、お客さまの方もそりゃぁもぉ、切羽詰まっておりまして。』



   デザイナーが自分のデザイン画をネタに語る
もっともっとデザイン画集を楽しもうよ
名作とデザイナーのオモシロ解説が満載。
=********=********=********=********=********=


やまやくらぶ 公式Twitter
                       やまやくらぶ公式Twitter
ジュエリーを取り巻くドラマには、つねに人生が映し出されているもの。
日々、ジュエリー弥馬屋に訪れる方々がショールームに落としていく、
せきららな事情をひろい集めた、140文字ちょうどの【やまや劇場】へ

   【本日のつぶやき】はこちらをクリック

=********=********=********=********=********=



=********=********=********=********=********=


【リフォームの相談でお越しいただくお客様へ】
 順番にお伺いいたしますが、ご予約の状況や、
 前の方のご相談内容により、かなりのお時間、
 お待ちいただくことがございます。

 混雑状況などは、店頭にお問い合せくださいませ。
 みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅【北口】より、ゆっくり歩いて2分ていど、
ホテル町田ヴィラ1階にございます。
営業時間/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(ホテル代表)
=********=********=********=********=********=


私ども弥馬屋のエッセンスがここにつづられています
 著書 『宝石の裏側』 新潮新書より
       著書
 新潮社 ¥714(税込) 韓国版もでました
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。

=********=********=********=********=********=
ジュエリーデザインスタジオやまや くらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)