タイトル画像

社長は芸名?に注目!

ちかまの窓から

本日【5/7】の弥馬屋は・・・社長は芸名?に注目!
  ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-



近の作家は、本名を使う人が多いですが、
やはり作家といえばペンネームがつきもの

よんでますかー?

おもしろい名も色々ありますよ

例えば【二葉亭四迷】は、
親父の怒鳴り声【お前のようなやつはクタバッテシマエ】から。

【江戸川乱歩】は、
アメリカの作家【エドガー・アラン・ポー】から。

東大出身の【三浦朱門】は、
東大の赤門をもじってつけています。

読売新聞勤務だった推理作家【佐野洋】は、
【社の用(本業)も怠らない気持ち】を込めてつけたといいます。

宝石にも芸名のような、
別の名前で呼ばれる時がございます

例えば、無色トバーズは【アフリカ・ダイヤモンド】、
ガーネットは【ケープ・ルビー】、
ブルートバーズは【ブラジル・サファイア】、
ペリドットは【イブニング・エメラルド】など・・・

どちらの名前が本名か、
わからないほど知られている場合もあります
(間違えて買わないでくださいね

わたくしども弥馬屋では、宝石の本名はもちろん、
染色の有無など、すべて正確にお知らせします

常に信頼される仕事をして今年で40周年
これからもお客さまのご期待にそえるよう頑張ります。

ところで私ども弥馬屋の社長の名前は、
【わたり】で芸名のようですが、これは本名です

今日はきょうの風が吹く



月間の最優秀『ちかマド』はあなたの1票にかかっています。
本日【5/7】の『ちかマド』に投票してくださるお客さまは、
町田駅前店に設置した投票箱をご利用ください

   投票結果はこちらをクリック
=********=********=********=********=********=


あの頃の名作をもう一度・・・

本日はこちらを・・・
yyグリーンガーネットブローチ
【pt900 グリーンガーネット ブローチ】デザイン画
『ピンタイプの小さなブローチには、鑑賞する楽しみがあります。
無駄を極限まで省き、こぢんまりとした外観の中にデザインが
濃縮されているという事に注目すると、デザイナーによってこう
も表現・描写が違うものかと、感心させられます。蝶やドクロ、
魚などをモチーフにデザインされたモノや、ご覧のデザイン画の
ように宝石だけが連なるモノなど、どのピンブローチも、つける
衣服の上に、小さな世界をつくり出しています。通常の大きな
ブローチと違って、これみよがしな主張がないので、私たち日本
人の感覚でも身につけやすいアイテムですね。
【主張は少なく、粋なデザイン】というやつです(笑)』



   デザイナーが自分のデザイン画をネタに語る
もっともっとデザイン画集を楽しもうよ
名作とデザイナーのオモシロ解説が満載。
=********=********=********=********=********=


やまやくらぶ 公式Twitter
                       やまやくらぶ公式Twitter
ジュエリーを取り巻くドラマには、つねに人生が映し出されているもの。
日々、ジュエリー弥馬屋に訪れる方々がショールームに落としていく、
せきららな事情をひろい集めた、140文字ちょうどの【やまや劇場】へ

   【本日のつぶやき】はこちらをクリック

=********=********=********=********=********=



=********=********=********=********=********=


【リフォームの相談でお越しいただくお客様へ】
 順番にお伺いいたしますが、ご予約の状況や、
 前の方のご相談内容により、かなりのお時間、
 お待ちいただくことがございます。

 混雑状況などは、店頭にお問い合せくださいませ。
 みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅【北口】より、ゆっくり歩いて2分ていど、
ホテル町田ヴィラ1階にございます。
営業時間/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(ホテル代表)
=********=********=********=********=********=


私ども弥馬屋のエッセンスがここにつづられています
 著書 『宝石の裏側』 新潮新書より
       著書
 新潮社 ¥714(税込) 韓国版もでました
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。

=********=********=********=********=********=
ジュエリーデザインスタジオやまや くらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)