タイトル画像

その美しさに注目!

ちかまの窓から

本日【2/18】の弥馬屋は・・・その美しさに注目!
  ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-


ウバイの花が咲き始めると、
光あふれる季節がそこまで来たような気持ちになりますね

もうすぐですね、春。

春を待つ里山・・・

きっと色々な植物が、
心をふくらませて春を待っていることでしょう

さて本日は、
二十四節気のひとつ、『雨水』です

立春から数えて15日後、
または『啓蟄』までの期間をいいます

硬く凍りついた雪や氷が溶け、
土も潤い始める頃です

ここから、三寒四温を繰り返し、
列島は春に入っていきますね

この時期に、わたくしチカマがどうしてもご紹介したい、
弥馬屋の作品がございます

大きな南洋パールから、溢れて落ちる水滴のように、
沢山のダイヤモンドがつらなったブローチです

この美しさは・・・
わたくしの類まれなる文章力でも表現出来ません
(いやホントに・・・

是非、町田駅前店でご覧になってください
本日もお待ち申し上げます。

今日はきょうの風が吹く


月間の最優秀『ちかマド』はあなたの1票にかかっています。
本日【2/18】の『ちかマド』に投票してくださるお客さまは、
町田駅前店に設置した投票箱をご利用ください

   投票結果はこちらをクリック
=********=********=********=********=********=

あの頃の名作をもう一度・・・

本日はこちらを・・・
yyサファイアリング
【pt900 サファイア リング】デザイン画
『タイへ旅行に行ったことのある方は心当たりがあると
思いますが、サファイアを買いたい衝動にかられます。
現地で「コレ日本デ買ウト10倍スルネ」なんて日本語
を巧みに使いこなす現地人のパワーには、私でも圧倒
されてしまいます。実際、ビッグカラットのサファイアが、
すごーく安く売られてます。ですがここにはあるカラクリ
が・・・。さて一般的には10ctの宝石といえば、上から
眺めてかなり大きな宝石をイメージしますね。ところが
タイの市場で格安で売られているサファイアときたら・・・
ブ厚いんです。確かに10ctなのでしょうけども、厚みが
15mmもあるブ厚い10ctは、上から見たら思いのほか、
いえ、詐欺のように小さな10ctです。そのサファイアを
リングに仕立てたとしたら、どれだけ上に飛び出すこと
になるか・・・。このデザイン画のように、適切な厚みで
カットされたサファイアは、世界中どこの市場で買っても、
それほど値段の差はございません。』



   デザイナーが自分のデザイン画をネタに語る
もっともっとデザイン画集を楽しもうよ
名作とデザイナーのオモシロ解説が満載。
=********=********=********=********=********=

やまやくらぶ 公式Twitter
                       やまやくらぶ公式Twitter
ジュエリーを取り巻くドラマには、つねに人生が映し出されているもの。
日々、ジュエリー弥馬屋に訪れる方々がショールームに落としていく、
せきららな事情をひろい集めた、140文字ちょうどの【やまや劇場】へ


   【本日のつぶやき】はこちらをクリック

=********=********=********=********=********=


=********=********=********=********=********=

【リフォームの相談でお越しいただくお客様へ】
 順番にお伺いいたしますが、ご予約の状況や、
 前の方のご相談内容により、かなりのお時間、
 お待ちいただくことがございます。

 混雑状況などは、店頭にお問い合せくださいませ。
 みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅【北口】より、ゆっくり歩いて2分ていど、
ホテル町田ヴィラ1階にございます。
営業時間/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(ホテル代表)
=********=********=********=********=********=

私ども弥馬屋のエッセンスがここにつづられています
 著書 『宝石の裏側』 新潮新書より
       著書
 新潮社 ¥714(税込) 韓国版もでました
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。

=********=********=********=********=********=
ジュエリーデザインスタジオやまや くらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)