タイトル画像

自然の神秘に注目!

ちかまの窓から

本日【1/16】の弥馬屋は・・・自然の神秘に注目!
  ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-



茜色に染まる夕べの空に、
すっかり葉を落とした樹が枝を拡げて立ち・・・

木枯しが、音を立てながら枝を揺らしています。
さぶ~いぃぃ・・・。

山では、樹々に霧氷の花が咲き、
雪の装いですね
(町田も久々の雪でした

まだ固く小さな冬芽は、
寒空の下で寒さに耐えて、春の日を待っています

これらの芽は、まだ葉の生い茂っていた
去年の夏から秋にかけて形づくられていて・・・

休眠状態で冬をこしています

その冬芽の内部には、やがて花や葉に成長する、
みずみずしい緑がぎっしりと詰まっているわけです

芽の中での幼い葉の折りたたまれかたには・・・

『扇だたみ』、『片巻き』、『内巻き』、『外巻』、『わらび巻き』など
種類があって、ちなみに桜は『二つ折り』だそうです

花になり実を結ぶ芽と、葉になる芽は、
最初は同じですが、やがて時期がくると花芽と葉芽に分かれます。

その時期は桃や梅で、去年の8月ごろ、
桜は去年の6月下旬から8月上旬だといわれています

自然はいつでも神秘的で美しいですね

宝石も自然の営みの中で、
ゆっくりと結晶してゆきます

数万年もの時間をかけて創られた自然の宝物が、
地上にあらわれたものです

そんな宝石をいつも身近に置いて楽しめるのですから、
素晴らしいことですよね

今日はきょうの風が吹く




=********=********=********=********=********=


                                    
あの頃の名作をもう一度・・・


本日はこちらを・・・
yyクォーツリング
【pt900 グリーンクォーツ リング】
『主演女優を誰にするのかは・・・お客さまに決めていただきます。
大粒のグリーンクォーツ(水晶)のリングを仕立てるさいに、主役を
引き立てるべく、名脇役を起用することになりました。選ばれたのは
ミャンマー出身の大物、【ヒスイ】でした。水晶を引き立てるヒスイ??
多くの方がそう思うのではないでしょうか?ヒスイには、その美しい
照りをそのままに、少し小さくなってもらい、水晶を下から照り上げる
演出をします。すると、リングを上から見たとき、ヒスイの照りと水晶
の輝きがハーモーニーを奏で、その強烈なインパクトは観客を至福の
時間へ導くのです。これが舞台監督としての私のつとめ・・・なんてね。』



   デザイナーが自分のデザイン画をネタに語る
もっともっとデザイン画集を楽しもうよ
名作とデザイナーのオモシロ解説が満載。


=********=********=********=********=********=


やまやくらぶ 公式Twitter
『やまやくらぶ公式 Twitter』はこちら
ジュエリーを取り巻くドラマには、つねに人生が映し出されているもの。
日々、訪れる方々がショールームに落としていく、せきららな事情をひろい集めました。

毎日楽しめる140文字ちょうどの物語



=********=********=********=********=********=


月間の最優秀『ちかマド』はあなたの1票にかかっています。
本日【1/16】の『ちかマド』に投票してくださるお客さまは、
町田駅前店に設置した投票箱をご利用ください

投票結果はこちらをクリック


=********=********=********=********=********=


【リフォームの相談でお越しいただくお客様へ】
 順番にお伺いいたしますが、ご予約の状況や、
 前の方のご相談内容により、かなりのお時間、
 お待ちいただくことがございます。

 混雑状況などは、店頭にお問い合せくださいませ。
 みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅【北口】より、ゆっくり歩いて2分ていど、
ホテル町田ヴィラ1階にございます。
営業時間/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(ホテル代表)


=********=********=********=********=********=


私ども弥馬屋のエッセンスがここにつづられています
 著書 『宝石の裏側』 新潮新書より
       著書
 新潮社 ¥714(税込) 韓国版もでました
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。



=********=********=********=********=********=
ジュエリーデザインスタジオやまや くらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)