タイトル画像

POVERTY -貧困-

POVERTY -貧困-


 婦人のジュエリー選びに男性が積極的に参加すれば日本の宝飾文化は二つの面で進展していきます。まずユーザーがジュエリーを使用して楽しむ場所、つまり生活の中のジュエリーステージが活性化します。ジュエリーステージは男女がカップル参加している場合に真に盛り上がるものです。次に男性のジュエリーへの関心度が高まれば、ジュエリーの制作技術に格段の進展が起こるでしょう。それは技術を見抜くのは男性のほうが女性よりも優れていて、メーカー側にとって男性の評価に堪えるようなものを造る事が制作上の目標となるからです。ユーザーの側に進化があれば制作する側にも高度な技術が生まれてくるでしょう。

  『あけび2』

 日本の男性の豊かな美的感性と優れた技術力がジュエリーの中に生かされたときには、必ず日本のジュエリー市場も新たなジュエリーステージを迎えるに違いありません。そしてこれらのニーズは実際につけて楽しんでいるユーザーから生じてこなくては意味が無いのです。
 ビジネスに先行されたメーカー側や、デスクデザイン、コンテストデザインの場からは地に根付いた宝飾文化は生まれてきません。日本の男性が宝石店に並んでいるジュエリーや奥方のジュエリーについてもっと関心をもち、その出来具合やテイスト、使い勝手について意見を寄せるようになることが、日本の宝飾文化を豊かにするただ一つの方法です。

・・・つづく。





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)