タイトル画像

WHY -なぜ-

WHY -なぜ-


 女性がなぜジュエリーを身に着けるか、ということについても日本の男性は無知であります。女性は外見を飾りたて、他人に対する見栄でジュエリーをつけているのではありません。人がジュエリーをつけるのは自分の生き方を素直に表現する為です。自分の生き方に自信ができれば、その自信をジュエリーに表現し、記念や思い出を刻みたければジュエリーにストーリー化したイメージを付着させれば良い。
 ジュエリーというものはストーリーを持ち続け、そのストーリーが持ち主に希望や勇気を与えるのです。これがジュエリー特有の存在意味であり価値なのです。
 女性も男性からジュエリーを買ってもらうとき、ただ単にお金を出していただくだけでなく、選んでいただくべきでしょう。選んでもらってはじめて男性から譲られたジュエリーの価値とパワーが生じるのです。
 ジュエリー選びに参加しない男性は、いつまで経っても女性の心がつかめません。ジュエリーの最も良い持ち方は、尊敬する方や、好きな相手から譲られることだということを日本の男性諸氏はもっと知るべきです。このときこそ最も良いストーリーが誕生するからです。


  『あけび』

 日本の男性の無頓着さは自分の奥方が使用したり、所有したりしているジュエリーについてもあらわれます。奥方の持ち物について、いつどこでどのようにして買い求めたかを知るどころか、どんなジュエリーがあるかさえも知ろうとしません。女性たちもそれを良いことかのように亭主に黙って買いあさります。
 しかし、こそこそと秘かに、しかもへそくり程度の金額で買うので、いい買い物ができません。これでは良いストーリーが生まれないので、付加価値もつきません。このような買い方では、堂々とオープンにジュエリーその物を露見させられないので、強いジュエリーパワーがでません。貧しい買い求め方をすると、たとえ高価な宝石であっても貧しい価値しか発揮し得ないのです。
 日本の夫たちは自分の女房の買い求めるジュエリーにもっと気を使うべきです。同様に日本の妻たちは自分のジュエリーを手に入れるとき、もっと自分の夫を立たせるべきです。無関心を装っている男を引き出して、買い求めようとするジュエリー選びに参加させようと努める事が宝飾文化の貧困さを救う第一歩です。

・・・つづく。





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)