タイトル画像

その煩悩に注目!

本日の弥馬屋は・・・その煩悩に注目!
    ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-



仏教では、
生々流転に迷うこの世を『此岸(しかん)』と呼び・・・

煩悩の川を渡って到達した、
悟りの境地であるあの世を『彼岸(ひがん)』と呼びます
(108もの煩悩は克服できませんハッキリイッテ…

さて、春分を中日として、その前後3日ずつを含む七日間のことも
『彼岸』といいますね
 煩悩煩悩煩悩・・・

それは寺で読経や法話を聞いたりして、
煩悩の克服に精進する期間です。
(食欲や物欲など…)

また、先祖の霊が帰ってくるといわれ、
仏壇にぼた餅や、花を供え、経を上げてお迎えします。
(『美しい日本の季語』 金子兜太監修より)

さて、『暑さ寒さも彼岸まで』というように、
彼岸のころから過ごしやすい季節になりますね

本日は『彼岸の入り』

『彼岸太郎』という言葉の通り、
春の『彼岸の入り』に天気がよけれれば豊作といわれています。
(1年の農作の富凶を占う習慣です)

どうか天気が良くなりますように
・・・と願うのも、人の煩悩でしょうか

それなら少し控えめに、
『せめてお昼からでも、晴れますように・・・』


今日はきょうの風が吹く。

本日【3/17】のニュースを盛り上げてください
      『投票箱』はこちら


【ツイッター】も盛り上げてください
『やまやくらぶ公式 Twitter』はこちら
ジュエリーを取り巻くドラマには、つねに人生が映し出されているもの。
日々、訪れる方々がショールームに落としていく、せきららな事情をひろい集めました。

150を超える物語をフォローしてください



ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店- は、
小田急線町田駅 北口より1分 ホテル町田ヴィラ内にあります。
Opening hours/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(代表) みなさまのお越しをお待ちしております。
著書『宝石の裏側』 韓国版もでました!
       著書
 新潮新書より ¥714(税込)
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。



ジュエリーデザインスタジオやまや くらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)