タイトル画像

【21球目】

ここは『やまやくらぶ』秘密の部屋。
密かに更新され、誰にも知られることのないページ。

偶然に迷い込んだアナタも、ここをクリックすればすぐに出ることができます。
そして、くれぐれもこのページのことは内密に・・・。

このまま読み進める方は、覚悟してください。
このページには、すべての方にお楽しみいたくことができない内容がございます。

それでは本日もはじまりますよぉ。

本日のお題はこちら・・・。
【ほんの少し長生きしたい、せめてあと1億年・・・】

内藤です。
昔むかし、まだ職業欄に『学生』と書いていた頃、
私は宇宙理工学という奇怪な学問を専攻していました。

そこは簡単に言いうと、『宇宙って何なの?』を考えるオタク集団で、
宇宙ロケットの材質や構造はもちろん、人が宇宙空間で生命を維持する為の
様々な研究をしていました。

その中で私の心をワシヅカミにしたのが、『天文学』という分野。

『宇宙ってどこまでひろいんだろ?』と、
夜空を見上げていた少年の頃の答えを求め、どっぷりとのめり込みました。

天文学は『ひょっとして・・・』と、想像することから全てが始まります。
そして予想し、計算し、長期間に及ぶ観測が始まります。
『ちょっと行って確かめてくる』ということはできませんから・・・。

地球の隣り、【火星】に行きたくても帰ってくるまでに3年くらいかかります。
その先の【木星】ともなると5,6年で到着するものの、
帰ってくることは想定できないという始末・・・これが現在の科学です。

35年前に地球から飛び立ったボイジャー1号という探査機も、
私たちの太陽系を出るだけで、あと500年くらいかかりそうですから、
我々も長生きしないと・・・。

さて、私たちの太陽系は【銀河系】という星の集まりの中の小さなひとつで、
2000億もの星を有する銀河系の中では、とてもありふれた存在だそうです。

この銀河系の中にある2000億の星々をしらみつぶしに探せば、
もしかしたら私たち以外の知的生命と出会えるかもしれません。
どれほど時間をかけても、きっと見つけたいですね。

もし銀河系で出会えないなら・・・
その向こうには【アンドロメダ銀河】という隣の銀河がございますから、
そちらもぜひ探してみましょう。

そしてアンドロメダ銀河がダメでもその向こうには・・・


次回につづく。
・・・何かが見えるまで。内藤。

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)