タイトル画像

ジュエリーリフォームやまや 町田駅前店

本日の弥馬屋は・・・恋する藤色に注目!
    ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋-町田駅前店-


藤の季節がやってきました

『藤』は、
『古事記』において『藤の花衣の話』として登場しており、

その後も、『万葉集』では『藤』をテーマにして
なんと二十七首も詠まれているのですよ

 圧巻です。
その藤を鑑賞花、園芸種として育てるようになったのは、
京都へ都が移ってからだとか
(京のお庭でのこと)

藤の花は、独特の強い香りを放ち、
藤棚に咲き満ちたその香りに、蜂やアブが集まることもございますね

わたくし近馬も、この香りが大好きで、
毎年、藤が咲くのを待ち望んでいます
(ブーン

そして眺めと香りにうっとりした後は、
その美しい紫の花を食べます

天ぷらにしても、お吸い物に浮かべても
素敵なんですよ~

マニアの私としては、藤棚の藤では満足できず、
やはり、山の美しい新緑の中に、自生の藤の花を探します

長く垂れ下がった、淡い紫色の優雅さは格別で、
その煙るような紫色は、春の優しい雨のよう

さて、本日の弥馬屋では、藤の花のような淡い紫の、
ラベンダーヒスイのリングにご注目ください
(ズバリ藤色です)

それはツヤを落としたホワイトゴールドと、
メレーダイヤの仕立てで、春の優しい雨のように上品で美しい作品

わたくし近馬、このリングに触れるだけで、
視覚、嗅覚、味覚だけでなく、触覚がビンビン刺激されてしまいます
(この時期イチバンのおススメです

ちなみに、『藤』の花言葉は、『恋に酔う』です

このリングは、
何かを引き寄せてくれる予感が・・・
(蜂は来ないでね・・・


今日はきょうの風が吹く。

本日【4/26】のニュースを盛り上げてください
 投票箱はこちら
匿名でO.K.清き一票と…あと何かコメントを…
投票結果はメニューの、『ランキング発表』をクリック→



ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋 -町田駅前店-は、
小田急線町田駅 北口より1分 ホテル町田ヴィラ内にあります。
Opening hours/11:00AM-6:00PM 月曜日~土曜日
お問い合わせ 042(724)0840(代表) みなさまのお越しをお待ちしております。
著書『宝石の裏側』 韓国版もでました!
       著書
 新潮新書より ¥714(税込)
韓国版は韓国の書店で、日本版は全国の書店または、やまやショッピングで。


ジュエリーデザインスタジオやまや くらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)