タイトル画像

念珠のお手入れいたします。

弥馬屋ホテル町田ヴィラ店 念珠のお手入れセール中
オリジナルジュエリー やまや くらぶ 町田
                    
P1000242.jpg
皆様が日頃お使いの御数珠(念珠)のお手入れセールを催しています。

 念珠は、一年のうち何度も使用するものではありません、だからこそ時折球の様子、糸の緩み具合などを点検しておく事をお勧めします。
 理想的には、使用したあとのお手入れが重要です。次回の使用に備えて、仕立て糸の調整と、珠の洗浄、点検などをして保管しましょう。


御数珠の由来
 仏、菩薩を礼拝する時、手に掛けたり、もんだり、念仏の回数を数えるためにつま繰る用具です。
小さい珠の中央に大珠を入れて仕立てます。この大珠を母珠(ははだま)といい、その他の珠を小珠(こだま)といいます。そして母珠より房へと仕立てます。

 球の数は108個。百八煩悩を排除するためと言われています。しかし宗派によって54個、36個、27個、18個の個数の珠を使うこともあります。片手用の一連タイプの念珠は、宗派に関係なくどのご宗派の方にもお使いいただけ、一般に広く用いられています。宗派に関わりませんので、プレゼントにもおつかいいただけます。


ジュエリーデザインスタジオやまや くらぶ

PageTop