タイトル画像

【11球目】

ここは『やまやくらぶ』秘密の部屋。
更新してもトップページにこないので、誰にも知られるはずのないコーナー。

迷い込んだ方も、ココをクリックすればすぐに出ることができます。
そして、くれぐれもこのコーナーのことは内密に・・・。

このまま読み進める方は、覚悟してください。
このコーナーでは、みなさんに楽しんでいただける自信がございません。
それでは本日もはじまりはじまり、

さて、本日のお題はこちら。
【わたしの知らない世界~。】

こんにちは、いつも元気な広報のjulieです。
自分で言うかっ!と怒られてしまいそうですが・・・

さて、
今日はわたしに、なくてはならない宝物のお話を。

それはあるマッサージの棒。
見た目はボールペンのような形をしています。

使い方は簡単。その棒で全身のツボをおします。

棒の両端には、それぞれ3500ガウスと4000ガウスの磁石がついていて、
その部分でツボをおすことで、血流をうながすというわけ。

美容と健康の為にとても大切な血流。
頭のてっぺんから足の先まで、
滞っていそうなところを流していくのが私の毎日の日課になってます。

この棒、発案したのはただものじゃぁありません。
元々外科医のお医者さまであった福田氏という方なのですが、

福田氏がたくさんの患者さんを診てオペをしていくなかで、
現代医学に疑問と限界を感じ、研究に研究を重ね、
たどりついたのが『自律神経免疫療法』という治療法。

その治療を行う為に、この棒が生まれました。

氏によれば、ほとんどの病は、当人の自律神経の乱れからおこるそうです。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、両者が常にバランスの良い状態だと
免疫も高く、病気になりにくいと聞きました。

その自律神経のバランスを効率よく整えるマッサージがあり、
この棒はそれに使用するのです。

氏は今まで、ガン患者さんなどさまざまな病をかかえているかたを
この自律神経免疫療法で治してこられた方。

私もこの機会にと、新潟へ赴き、福田先生の講習を受けてきました。
(しかも日帰りで・・・)

その講習に来ていた方の中には、
医者から余命を告げられたにもかかわらず、
自律神経免疫療法でその余命期間はとっくに通り過ぎ、
畑仕事ができるまで回復した方や、
重度のアトピー性皮膚炎を治された方や・・・

もう、すごい世界をみてきました。

薬を使わず、メスもふるわず、単純構造な磁気の棒だけで、
人体が本来持っている免疫を高め、病気と戦える身体にしていく療法。

美容と健康なんていう軽い気持ちから足を踏み入れた私などとは
全く違う捉えかたをした患者さん達の、生きるか死ぬかの真剣な取り組みを見てまいりました。

自律神経免疫療法に興味をもってから2年。私のナゾはふかまるばかり・・・


--julie--

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)