タイトル画像

【6球目】

ここは『やまやくらぶ』秘密の部屋。
本日はどうしてここへ?道に迷いましたか?
もしやネットサーフィン中に波にのまれましたか?

迷い込んだ方も、ココをクリックすればすぐに出ることができます。
このまま読み進める方は、覚悟してください。
このコーナーは、みなさんに楽しんでいただける自信がございません。

さて、本日のお題はこちら。
【あなたはどっち派?】

こんにちは、広報のjulieです。

社長の投稿も良いのですが、今日は少し目を休ませてみては・・・いかがかなと・・・

ということで今回は、売り場スタッフの近馬さんにタスキを渡して、
好き放題書いていただきましょう。
はじまりはじまり。

近馬です。
このコーナーのことを、知ったのは(知らされたのは)昨日のこと・・・
私の知らないところで、こんなに面白いことしてたなんて。

わたくしも時々こちらに登場することとなりました。
別コーナーの『本日のニュース』も含め、今後ともよろしくお願いいたします。

皮剥(かわはぎ)の美味しい季節ですね♪
皮剥の皮は、なめし革のようにブ厚いので、皮を剥いで調理することから、その名前がついたとか。

身を薄造りの刺身にして、肝を付けて食べればもう最高。
わたしは秋の初めころに食べるサンマの肝も大好きでして、
美味しいサンマの刺身と、新鮮なサンマの肝を塩焼きにした味!!(キャァー!)

皮剥とサンマ。
この食材だけは、特別に美味しい店で、
特別に美味しいお酒と共に食するのが定説の近馬です。
(長々と前説でした…)

今日は私の趣味、『歌』のお話です。
なんでも人は『短歌型人間』と『俳句型人間』に大別されるのだそうです。
あなたは『短歌型?』『俳句型?』

短歌が基本的に本名で歌う文学であるのに対し、
俳句を詠む人は俳号を名乗り、日常の自分から変身するのを楽しむ面もあります。
(蕪村は荒れた村のことだし)
俳句は季語を入れたりと、どちらかといえば、ルールの中で遊ぶゲーム感覚的な要素を感じます。

さてこの二つの性格。
『短歌型』は、主観的・情熱的・まじめ、に対して、
『俳句型』は、客観的・冷静・自らと戯れる道化性、が特徴だそう。

私は、丸谷才一の『横しぐれ』の中にある『しぐれの句』に、オオーッ
・・・と思ったのをきっかけに、俳句が好きになりました。
短い言葉の中から、情景、心情がありありと感じられます。

そこには小説の楽しみと違い、
美味しい飴を一つ口にふくんだ瞬間のような快感があります。

さぁて、あなたはどっち派ですか?
まぁ、こんな端っこにある、訳のわからないコーナーを
のぞいて見ようなんて人は、きっと『俳句型』!
決定です。

いずれ是非、俳句をつくって読ませて下さいな♪

近馬

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)