タイトル画像

【2球目】

ここは『やまやくらぶ』秘密の部屋。
なぜなら更新されても、トップページに来ないから、だれにも気づかれずに好き放題・・・

さて、本日のお題はこちら。
【コンセプト】
こんにちは。
内藤わたりです。
このようなユニークなコンセプトのカテゴリに大変興味がございます。

誰にも見られないスペースにおいて、
誰にも見られないことを期待しながら、
書き込むことは、私の理解を超えておりますが、
そのうちに、きっと何かが見えてくると期待します。

いつの日か、開眼するためには、
『いくらなんでもアクセスがゼロってことはないだろう』
・・・などと考えながらUPするような不届きな所業があってはならないと考え、

心から視聴率0%を目指し、ならびに作文には魂を吹き込むよう、取り組んでみます。

しかしながら、今現在の私の心境を率直に申し上げるなら、
公けにすることを、美学とするWEB環境で、以上の心もちはなんというジレンマか。
・・・と思う。

今や全てを見透かしてしまう、WEB環境。
個人のプライバシーも含め、見えないものは無いと言われています。
数年前は、見ること、見付けることに必死だった私たち、
今や、隠すこと、せめて見えにくくすることに必死です。

数年前は、情報を集めることに、個人のノウハウや工夫を駆使したものですが、
今や、情報を切り捨てることに、その時間を割かれています。

『情報は必ず書き手側に偏っている』
・・・そう思います。
情報とは偏見なのです。

とすれば当然、
『情報と現実は異なる』
・・・ということに。

集めた情報は無意味ではないと思いますが、
それらは必ず偏っていますね。
無機質な辞書でさえ、その情報は偏っているといえます。

ですので私の場合、自分の体験だけが現実だということにしました。
まぁ…あるときから・・・。

今となっては、新聞の見出しを見ても・・・
『ほんとかぁ?』
・・・なんて思ってしまいます。

宝石商として駆け出しのころ、
買付けの場面において、ずいぶんと騙されたものです。

宝石は工業製品と違いまして、
そこには原石やカットされた裸石のほかには、
鑑別書も、派手な鑑別機器もありません。
あるのはルーペなど、持参した簡易ツールだけです。

証明書も保証書もないのです。
ですので、たくさん騙されました。それは多額の損失です。
証明書や保証書が付いていることもありました。
ですが、結果は同じでした。

やはり情報は書き手側に偏っています。
自分の体験こそが現実です。
その宝石を自分で視て、
いくらで買うか自分で決めるようになると、失敗しなくなりました。

こういうのを情報バイアスって言うんですって、
似た考えをお持ちの方がおおくいらっしゃるようです。
情報バイアス・・・カッコいい!
医療の世界で使われる言葉ですかね。

すみません脱線しました。

思い切って、ついでに言いますと、
私はインド人が嫌いです。
否、正確には
宝石を扱う、いかにも私を騙しそうなインド人を見ると、眉間にしわを寄せて見てしまいます。

それは私の体験から、私の現実になった事柄です。

ですので、例えば中国の人に対して、
『連中はコレコレだから、絶対に好きになれない』
とは思わない。
たとえ、彼らの悪評が新聞に書いてあったとしても、
例によって『ほんとかぁ?』
・・・と思ってしまう。

つづく。
・・・何かがみえるまで。内藤

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)