タイトル画像

Episode12

12話の弥馬屋ストーリー

第12章
【宝石の顔を見てから調理法を決める】




どれほど美しい宝石も、
身につけるためにはジュエリーに仕立てなければなりません。



仕立て職人はまず、
取り扱うそれぞれの宝石の特性を見極め、作業にとりかかります。



最初の作業は、工具作りからはじまります。



調理師が、食材にあわせて包丁を使い分けるのと同じように、
たったひとつのデザインに対して、たったひとつの工具が一式用意されます。


『逸品を提供します』



そして、デザイナーと加工職人は、宝石たちの持ち味を余す所なく引き出すために、
たったひとつの調理法でジュエリーを生み出していきます。



これは、創業以来よりの弥馬屋の物づくりのスタンスです。


=********=********=********=********=********=


=********=********=********=********=********=

こちらをクリックして、最新情報をチェックしよう
ここをクリック!
=********=********=********=********=********=
『お待ち申し上げます』
ジュエリーデザインスタジオ弥馬屋のお品物を実際にご覧になりたい方は、
東京都町田市のショールームにおこしくださいませ。
手づくりのお品物のため、在庫の加減でご覧いただけないお品物もございます。
ご来店の際は、あらかじめメールにてお問い合わせいただくと便利です。
みなさまのおこしを心よりお待ち申し上げます。
ジュエリーデザインスタジオやまや くらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)