タイトル画像

TRANSFORMABLE -変わる-

TRANSFORMABLE -変わる-


 ジュエリーは使い捨ての日用雑貨ではありません。それは人間の生命力溢れる身体に、直につける意匠化された表現物です。つける人の心と呼吸にそのジュエリーが合致した時に、はじめてジュエリーは生命力を得るのです。
 価格の安さは歓迎されるべきであるが、製品としての粗悪さは歓迎されません。たとえ安いジュエリーであっても、製品としての基本的な必要条件を満たしてはじめて真のジュエリー足り得るのです。つまり品質の良さ、熟練された技術、共鳴するデザインという三条件が満たされてそれはジュエリーとしての市民権を得ることができます。
 たとえ日常的必需品に転化してきたジュエリーであっても、数年で飽きてしまうような消耗雑貨であってはなりません。昔の贅沢品が今日では大衆社会の日常的必需品として一般的な日用性を帯びてきたとしても、それは毅然としてジュエリー足りうる三条件を共有していなくてはなりません。この共有された三条件だけが、その価格の如何を問わずジュエリーの贅沢性を保持することが出来ます。


  『dolphin2』

 巷に洪水のように氾濫してきたジュエリーとそれを扱うビジネスの加熱ぶりは、そのまま今日の大衆の贅沢化を反映しています。そしてこの贅沢品の日常的な必需化はジュエリーに対する奢侈のイメージを変えてしまいました。
 書画骨董のように歴史的に付与された価値を持つアンティークジュエリーや、特別稀少性の高いジュエリーは別にして、いま一般的なジュエリーの価値は所有する贅沢から使用する贅沢へ変化してしまったのです。ジュエリーは身分や階級の高さを象徴する奢侈品ではなく、自分の生き方や、内面性を表現する象徴物となっています。
 いまやジュエリーの意味は自己表現として存在しています。それは贅沢性や必需性というものを凌駕して、国民総中流社会の中で自らの存在を主張するイニシャルとして市民権を得ているといってよいでしょう。ジュエリーは他人から羨望される贅沢品であるよりも、自身の存在の象徴として身体的な延長であり、精神的発露なのです。それをつける人の嗜好を表現しながら、その人の価値観や生き方を象徴しています。

・・・つづく。





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)