タイトル画像

CASE C -出来事-

CASE C -出来事-


 ニューヨーク・ロングアイランドの宝石店にて。初老のご婦人が真珠ネックレスを糸替えに持ってきた。真珠は7.5ミリの丸珠であったと考えられる。しかし長い間使い込んだせいか肌にあたる真珠の表面が溶け落ちてラグビーボールのように楕円になってしまっていた。真珠の膨らみの部分がすり減って、白い貝殻質の真珠核が覗いていた。真珠層はかろうじて糸の結び目の周辺だけに残っていた。職人が仕立てている間、婦人はその作業を心配そうに見守っていた。

・・・つづく。


  『パピヨン』





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)