タイトル画像

DIFFERENCE -違い-

DIFFERENCE -違い-


 製品としての金のリングが商品として扱われるようになると原価に営業利益を乗せて売買されます。小売店がこのリングを販売するときは仕入れコストが原価となり、小売価格を決定することになります。
 大量生産のキャスト工法で製造された地金リングは2万円程度で販売されるが、熟練の職人が随所に手間をかけて制作すれば、10万円以上の小売価格になってしまいます。ジュエリーを財貨という交換価値として所有したい人は、工賃や諸経費のかかっていないシンプルなジュエリーを、重量に価値をおいて買い求めるでしょう。しかし他方、デザインや宝飾技法に価値を置く人はそのジュエリーを特別な作品として買い求めています。

  『bless』

 自分のジュエリーに愛着がなくなり、飽きてしまうということは、そのジュエリーが持っている作品としての美的な使用価値を放棄して、地金価格までいっきに転落させてしまうことになります。愛用のジュエリーに飽きることは、上記の10万円のジュエリーも2万円のジュエリーも同等の地金相場の価値ということになります。
 したがってジュエリーを買い求める際に重要なことは、飽きないジュエリーをどのように見つけ、入手するかということです。既に述べているように、ジュエリーのデザイン、制作技術、品質の見極めが、飽きないジュエリーを手にいれるためにどれほど重要であるかは了解されているはずです。この3つの要素がジュエリーに内在している価値であり、小売価格につながります。小売店はこの小売価格に自信があれば、値段交渉の余地なく合理性をもってお客様を納得させることが出来るでしょう。

・・・つづく。





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)