タイトル画像

SYMPATHIZE -共鳴-

SYMPATHIZE -共鳴-


 すでに出来上がっているジュエリーに自分の感性を適応させるにせよ、自分の感性でジュエリーを創り出すにせよ、買い手にとって肝心なのはそのジュエリーが自分の内面性と共鳴することです。つまりそのジュエリーが自分の嗜好と一致すること。自分の主張を代弁し、生き方をシンボライズするものであるべきです。

  『リーフ』

 求めようとするジュエリーのデザインを、他の誰かが見て好きとか嫌いとかの問題ではありません。また他人が勧めたとか勧めなかったということでもありません。自分自身の存在の表現として選び出すか、創り上げることが、自分にとって本物のジュエリーを持つことになるのです。
 恒久的に親しむファインジュエリーに出会うためには妥協しないという気構えと、頑ななほどのこだわりが必要です。自分自身のジュエリーを持とうとするときに、そのデザインがいかに自分の内面的な共感を引き出してくれるかを検証することが、ジュエリー選びの要となります。

・・・つづく





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)