タイトル画像

STAGEHAND -裏方-

STAGEHAND -裏方-


 二種類の“特別にデザインされたジュエリー”のうちもう一方は、ユーザーやオーナーが自分のジュエリーを制作するためにデザインをおこす場合です。
 自らがデザインのイメージ画を描いたり、自分の主張をデザインに取り入れるように依頼するこのケースでは、デザインの明確なポリシーはそれを依頼するユーザーやオーナーにあります。そしてデザイナーや制作者はアシスタントであり、舞台の裏方でなければなりません。主役はそのジュエリーの依頼主です。


  『ピンキー』

 オリジナルなジュエリーを注文するにせよ、手持ちのジュエリーをリフォームするにせよ、ジュエリーを自分のほうに引き寄せて、自分にあわせる事が出来るのはこの方法だけす。自分の嗜好や感性をジュエリーにあわせたり、妥協するのではなく、自分の感性にあったジュエリーを創り出すのです。そしてこの方法ではじめて人は主体的なジュエリーの求め方に到達することになります。

・・・つづく





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)