タイトル画像

QUALITY -品質-

QUALITY -品質-


 ジュエリーの品質とはなにか。通常、品質のグレードについては取引市場で歴史的に出来上がってきた評価の基準があります。真珠でいえば真円珠、無傷で照りがよく、クリームのはいらないシルバーピンクかブルーピンク、そして大きい珠ほど希少価値があり、市場の流通価格が高いというものです。
 このような評価は産出上の稀少性と社会的に出来上がっている人間の美的基準によって等級付けられてきました。ダイヤモンドも、オパールも、その他のカラーストーンも、同じです。したがって真珠の色が黄色で、球体形がくずれていれば、それに応じて値段も安くなるものです。しかしこのような一般取引上の価格の高低に規制されながらも、個人的な使用目的に見合った品質というものが求められるのです。つまり社会一般的に評価される品質と違って、ユーザーが個人的に必要とする品質、具体的な使用目的にかなった素質を備えている品質が求められています。
 人が自分にとって最もふさわしい本物のジュエリーを求めようとすれば、自分自身の財布の中身にふさわしく、しかも使用の目的にかなった物でなくてはいけません。

 『organic』

 ある婦人が大小おおきさの異なる変形真珠を持ってブローチを作りたいと思い、しかもゴールドの葉っぱの間からそれらを覗かせるデザインにして、クリーム系の真珠を使おうと考えている時、この婦人にとって最も価値ある素材の品質は、一般的な市場価値を持った高品質のものではなく、個別具体的に自分にとって必要な、自分の目的にかなった品質こそが最適で最高のものとなります。
 つまり自分にとって最適な品質素材が自分にとって最高級のものとなるのです。すでに述べたように、ジュエリーを求めるとき、求める人が予算、目的をはっきりと持っていて、店頭の価格操作に惑わされない努力を惜しまなければ、その人は自然に最も適した品質のジュエリーに導かれるはずです。
 ジュエリーに用いられている素材の品質を問題にする時、グレードと大きさと価格は果てしなく上昇していくのであるから、買い手は自分にとって最適な品質に狙いを定めることが重要です。自分にかなっている品質こそが自分にとっての最高の品質なのです。

・・・つづく。





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)