タイトル画像

BREATHE -呼吸-

BREATHE -呼吸-


 宝石やジュエリーが人に勇気を与え、着ける人の気持ちを高め、積極的な生き方にパワーを与えるものだとすれば、われわれはジュエリーという物に、それ相応の日常的市民権を与える必要があります。
 ジュエリーとのパワフルな出会い、買い求めたり贈ったりする事、着けたり眺めたしながら楽しみ、生涯にわたって持ち続けること、このような全ての行為の中に人間関係の豊かなストーリーが息吹いているのです。


 『URASHIMA2』

 ジュエリーは店頭のショウウィンドウから自分の持ち主を得て旅立つとき、初めて息を吹き込まれ、その持ち主とのストーリーを描きはじめます。持っているジュエリーが気分の良いストーリーを奏でている限り、それは持ち主にとってパワフルな<生き物>なのです。
 ジュエリー自体が愛されたり嫌われたりして、世のご婦人たちの感情的な対象になるのは、それがストーリーを持った<生き物>であるからです。つまり宝石は鉱物でありながら、装飾用にフォルム化されジュエリーになり、やがて特定の人の持ち物になると、呼吸する生物のごとくつける人の内面性を代弁し始めるのです。

・・・つづく。





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)