タイトル画像

~ジュエリーグッツとファインジュエリー~

宝石の裏側vol.8
~ジュエリーグッツとファインジュエリー~


 世間に出回っているジュエリーのうち、ジュエリーグッツと呼ばれても仕方ない物があります。それは購入してから半年も経たないうちに、それに対する感動も嗜好も色あせ、着けて楽しむどころか眺めて思いをめぐらす事すらしなくなってしまう物です。つまり飽きてしまったジュエリーの事で、これを宝飾雑貨と呼びます。

  『Garden』

 一般的にメーカーの量販企画で、機械造りされた量産ジュエリーのほとんどがこの手のものです。メーカー間の価格競争下でコストダウンを余儀なくされた製品群のほとんどがこの雑貨としての運命をたどる事となります。この種の製品は百貨店や宝石専門のチェーン店で、集客力を高めるための目論みによる、客寄せパンダとして頻繁に登場します。これらは製品化されてしばらくは新鮮なイメージで店頭に迎えられるが、まもなくメディアの宣伝やチラシ広告に客寄せ品として登場しだすと、瞬時にしてジュエリーとしての存在価値を失いはじめます。その結末は皆の知るところでしょう。

・・・つづく。





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)