タイトル画像

VANITY -見栄-

VANITY -見栄-


 このような会場では女の見栄が火花をちらすのです。隣にいる婦人のエメラルドのリングに気を奪われてしまう女性もいれば、自分の宝石の自慢を大声で話している婦人もいます。買う気持ちもないのに高価でゴージャスな商品だけを着けてみたがる女性もいます。
 宝石展示会場では女性の本性が最も露骨にあらわれます。ここは実に<女の見栄の見本市>と言えます。このような会場では、女性の本性のひとつである<見栄>が、露骨に見えてきます。したがって招待販売のビジネスとは、女性の見栄を相乗効果にして販売促進に結びつけることであるとも言えます。


『あけび』

 賢い客は自分の見栄をしっかりと内につなぎとめ、品物を選ぶのに自分を統率できます。しかし大抵の客は自分の見栄を興奮させ、自分の外に向けて振り回すのです。このためデザインの不似合いなものや、無理な価格の物を買い求めてしまう客が少なくありません。浮いた気持ちで選ぶので、後になって後悔する事になるのです。また会場には膨大な商品量に圧倒されて目移りが起こり、心が定まらず気分を壊し、不機嫌になってしまう人や、まわりの雰囲気に酔わされて欲しい物を絞りきれずに衝動的に決めてしまう人もいるのです。

・・・つづく。





宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)