タイトル画像

【14球目】

ここは『やまやくらぶ』秘密の部屋。
密かに更新され、誰にも知られることのないカテゴリ。

偶然に迷い込んだ方も、ココをクリックすればすぐに出ることができます。
そして、くれぐれもこのコーナーのことは内密に・・・。

このまま読み進める方は、覚悟してください。
このカテゴリでは、すべてのみなさんにお楽しみいただけない場合がございます。
それでは本日もはじまりぃ。

本日のお題はこちら。
【摩天楼…眩しくて涙がとまらない(エピローグ)】

47stにある仕入れ先から、フォーシーズンズ・ニューヨークホテルのある57stまで、
10ブロック。その程度の距離なら、歩いても12,3分で着く。
信号待ちを加味しても、15分以内か・・・。
とはいうものの、ここマンハッタンで信号待ちをするニューヨーカーは稀だ。
観光できた日本人ですら、2日目には赤信号など気にしなくなる。

大股で颯爽とマンハッタンを闊歩すること。それこそがニューヨークツアーなのかもしれない。
昼間のマンハッタンでノロマなのは、バスとタクシー。
一方通行だらけのこの島で、ひとたびタクシーに乗ったなら、
10ブロック進むのにグルグルと遠回りしなければならない。しかも渋滞・・・。
言うまでもなく、バスは問題外。

それに比べ、地下鉄はかなり便利。縦横無尽に張り巡らされたマンハッタン島の地下鉄網は
色や番号で区別され、とてもわかりやすい。
ここに3日も滞在すれば、街中のいたるところにある穴(地下鉄入口)が目につくようになる。
最大のポイントは、それぞれの行き先までのチケットを買わなくて済むことだ。

さて、知人との待ち合わせ場所である、57stまでの10ブロック行脚の途中で、
中年の日本人女性に声をかけられた。
ガイドツアーの集合場所である、ヒルトンホテルの場所が分からないとのこと。
場所はすぐに案内できた。なぜならそこはヒルトンの目の前であったから。

夫人と一緒にロビーに入ると、問題はすぐに解決した。
その方法は簡単、ツアーの案内人はたいていA4サイズの名簿を持って、ロビーをウロウロしているものだ。
シャツに名札をつけ、腕時計を見ながらそわそわしていた男に声をかけ、夫人を無事に引き渡した。
夫人は去りぎわに、私に『サンキュー』と言ったのが印象的だった。

ところで、ダウンタウンのDeliで安っぽい紙のカップに、
なみなみと注がれるコーヒーは、飲み干すのに数時間を要する。
75セントの、鬼のように熱いコーヒーは、購入してすぐには熱すぎて口も付けられない。
こぼすと手を火傷しそうなほどで、歩きながら飲むなどもってのほか、まずはその場で減らして、冷ます。

見知らぬ地で、一人で困り果てていた夫人の、安堵感に包まれた背中が、
すこし前の自分とリンクし、苦笑いをうかべた。
手に持っていた、Deli仕立ての安コーヒーをようやく飲み干すと、
ヒルトンホテルのロビーにある、まるでオブジェのようなごみ箱に捨て、先を急いだ。

ニューヨークへ来てから1か月、いくつかの美術館と、数十にも及ぶギャラリーで学び、
ダイヤモンドをはじめ、ピアス、ブレスレッド、ブローチを十分に買い付け、
通いつめた古本屋では、洋書を大量に仕入れた。

あの日、単身この地へやって来て、必死にもがきながら沢山のことを感じ、
そして原寸大のちいさな、無力の自分と格闘した。
少し時をさかのぼって、これまでを振り返ってみようか・・・

【摩天楼…眩しくて涙がとまらない(あれから…)】につづく。


・・・何かが見えるまで。内藤。

PageTop
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)