タイトル画像

Episode1

12話の弥馬屋ストーリー

第1章
【商品には裏があります】




お好みのリングやペンダント、そのデザインは人それぞれです。
カーブしていたり、ふっくらしていたり、表面がつや消しになっていたり...



ところで、
そんなリングやペンダントの、デザイン裏側をのぞいたことがございますか?



『裏があるのです』



見た目のデザインとは、関係の薄い部分なのですが、
“身につける”という意味では、裏側はとても重要な部分なのです。



私ども弥馬屋のジュエリーは、
どんなときも気持ちよく身に付けていただきたい。



こんな気持ちから、
肌に優しくフィットするよう、デザイン裏側に“あたり”をつけました。



貴金属と、
それを愛用する人の肌とをつなぐ、“優しいあたり”が裏側にあります。




=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode2

12話の弥馬屋ストーリー

第2章
【大変長らくお待たせいたします】




ジュエリーは、自身の性格や内面の輝きを表現するものだから、
あなたにぴったりのジュエリーを創りだすことは、簡単ではありません。



こだわりや生活習慣、手の表情、洋服の趣味など、あなたの生き方にフィットさせるために、
私ども弥馬屋のかざり職人は、熟練の業で最高の一点を創りだします。



『おまたせしてすみません』



そのためには、
仕立て上がりまでに数ヶ月もの歳月を要することも、珍しくありません。



これはスピード社会の現代では、
ずいぶんとのんびりした創り方かもしれませんね。



それでも、このような仕立てを満足してくれる方がいるかぎり、
私たちは、このペースを守り続けていきたいと思うのです。





=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode3

12話の弥馬屋ストーリー

第3章
【宝石の知識、その前に...】




私ども弥馬屋では、
新人スタッフの最初のトレーニングは、宝石の知識修得ではございません。



もちろんのこと、宝石学を修得することは、
お客さまにジュエリーのサービスを提供するために、必須のことがらです。



『そのまえに』



しかしながら、
新人のスタッフはまず、接客パフォーマンスをみにつけます。



その内容は、『お客さまをお迎えすること』、
『お客さまの心をほどき、リラックスしていただくこと』、



そして時には、『お客さまが不安を抱く前に、安心の言葉をおかけすること』、
これら3項目に通ずるトレーニングです。



そして、それらを学んだスタッフを、私たちはハイ・パフォーマーと呼んでいます。



すこしでも多くのお客さまに、ジュエリーの素晴らしさを伝えたいから、
私たちは、究極のハイ・パフォーマンスを修得したいのです。





=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode4

12話の弥馬屋ストーリー

第4章
【毎日ラブレターを書いています】




私ども弥馬屋で、ジュエリーをお仕立ていただきましたお客さまには、
出来上がって、納めさせていただいてから50日の後に、ラブレターが届きます。



ジュエリーの仕立ての善し悪しは、何度か使ってみて感じることですから、
お客さまの“身につけて感じた気持ち”を50日後におうかがいしております。



ラブレター



時間をかけて、完成度を追求したジュエリーを仕立てたから、
嫁いだ後のお客さまの声が励みになります。



そしてこれこそが、納得の仕立て上がりになるまで妥協しない、
私ども弥馬屋の物づくりに対するスタンスなのです。





=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode5

12話の弥馬屋ストーリー

第5章
【年に一度の野菜づくり】




・・・といってもジュエリーを、ですよ。
私ども弥馬屋では年に一度、野菜をモチーフにしたデザイン会を開催します。



そして、その中で優れた1点のみを、ジュエリーとして制作しているのです。



『野菜づくり』



これまでに白菜や大根、人参、きのこ、唐辛子、茄子、
さやえんどう、苺などなど、ブローチやペンダントとしてジュエリーになりました。



制作に取りかかるために、集められる膨大な量の資料群は、
当の野菜そのものだけでなく、葉の形、花の色、花びらの枚数、
さらには、そこに付く虫の種類まで、相変わらずの徹底ぶり。



お客さまに愛用していただくために、丹誠こめての野菜づくりです。





=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode6

12話の弥馬屋ストーリー

第6章
【研究好きなのです】




三重県の伊勢志摩にある『弥馬屋 真珠研究所』では、
弥馬屋ジュエリーとして制作される真珠たちの、
仕入れと品質管理が行われています。



研究所からは、真円の真珠や、最近人気の変形真珠など、
新作のデザインにあわせた真珠が、東京の弥馬屋工房に送られてきます。

『パール』

またそれとは逆に、工房のデザイン室では、ユニークな形をした変形真珠を元に、
その魅力を最大限に引き出すような、デザインをおこすということもございます。



貝が自然に巻いた、変形真珠をデザインするにはとても長い時間を要し、
真珠と対峙したまま数ヶ月を共に過ごすことも。



ですが、まさにその時間こそが、私たち弥馬屋の楽しみでもあるのです。





=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode7

12話の弥馬屋ストーリー

第7章
【輝く宝石たち】




宝石は、その名のとおり『宝』ですから、
これを嫌いという方は、まずいらっしゃらないでしょう。



どなたでも興味があり、その美しい輝きに魅せられるものです。
『輝く宝石』
もちろんのこと、私ども弥馬屋のスタッフも宝石は大好きです。
それどころかこの気持ち、もはや『愛』といえるでしょう。



ひとたび宝石の話になると、歴史やその逸話、有名人がつけていたジュエリー、
日々のお手入れの裏技、そしてお客さまから頂戴した体験談など、話題は尽きません。



ひとつのジュエリーに、さまざまな想いが込められ、
色褪せることなく、世代を超えて愛用されるものだから、



宝石は今日も、皆に愛されて輝いています。





=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode8

12話の弥馬屋ストーリー

第8章
【目線が大事です】




リングをデザインするとき、
私ども弥馬屋では、周囲の人からの目線を意識してしまいます。



なぜなら、手のひらをピンと伸ばし、リングのデザインを
真上から見ることができるのは、身につけているあなただけだからです。


『意識してます』

周りにいるあなた以外の方々が、あなたのリングを、
しかもあなたに気づかれないように、それとなく眺めるとき...



あなたの手はきっと、ナイフやフォークを持ち、
極上のフィレ肉を口に運んでいる真っ只中でしょう。



ジュエリーは、あなた以上にあなた自身を語るものだから、
私ども弥馬屋は、他人の目線である“斜めの角度”から見たデザインも
美しく演出することを、心がけなければなりません。





=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode9

12話の弥馬屋ストーリー

第9章
【器づくり】




宝石のことを、よくよく見たことがございますか?



一見では同じ形の石に見えても、上からだけでなく、横や下から覗いてみると
それぞれの石に、違う表情があることに気がつきます。



わたくしども弥馬屋では、宝石をお仕立するさいに、この表情を無視して、
大量生産の既製枠に石を留めることはいたしません。


『まず器をつくります』


個性豊かな宝石たちを、型番の付いた規格の枠で仕立てるのではなく、
まず、その宝石を留め込む為の、器を仕立てることからはじめます。



宝石の厚味や、膨らみ具合にあわせて、
個性豊かな器づくりから、個性豊かなジュエリーが出来上がります。






=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode10

12話の弥馬屋ストーリー

第10章
【それはお客さまのジュエリー物語です】


 
      
弥馬屋には、それぞれのお客さまのカルテがございます。



カルテには、これまでにご依頼いただきました制作注文や、
お求めいただきましたお品物が、記されております。



本来なら記憶するべきことなのでしょうが、お客さまの指のサイズや、
好みのネックレスの長さ、お伺いした最近の趣味など、その内容が多岐にわたるため、
カルテという方式を採用しております。



『お客さまの物語』


またカルテには、お客さまがお持ちのジュエリーに関する疑問や、
悩み事なども記され、時が経って、お客さまよりお問い合わせがあったさいに、
カルテを読み返してお役に立てることもございます。



それぞれのお客さまを、最適のサービスでお迎えするために、
お客さまのジュエリー物語をつづっております。





=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode11

12話の弥馬屋ストーリー

第11章
【“ありがとう”の為に】




毎日、弥馬屋に持ち込まれるお客さまからのご注文には、
一点一点に、それぞれのお客さまのこだわりや主張が込められています。



ひとつのご注文ごとに、制作にたずさわるデザイナーと加工スタッフ全員で
『制作者会議』をひらき、完成までの戦略を練ります。


『ありがとうございます』


店頭で受注したスタッフ、デザイナーはもちろんのこと、
原型をつくるかざり職人、石留め職人、仕上げ職人それぞれが、



お客さまからの“ありがとう”の言葉を獲得するために、
数ヶ月間のジュエリー制作に没頭します。



ご依頼の注文数も、年間で1500件を超え、
多くの皆さまに、私たちのジュエリー制作が期待されていると実感しております。





=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop

Episode12

12話の弥馬屋ストーリー

第12章
【宝石の顔を見てから調理法を決める】




どれほど美しい宝石も、
身につけるためにはジュエリーに仕立てなければなりません。



仕立て職人はまず、
取り扱うそれぞれの宝石の特性を見極め、作業にとりかかります。



最初の作業は、工具作りからはじまります。



調理師が、食材にあわせて包丁を使い分けるのと同じように、
たったひとつのデザインに対して、たったひとつの工具が一式用意されます。


『逸品を提供します』



そして、デザイナーと加工職人は、宝石たちの持ち味を余す所なく引き出すために、
たったひとつの調理法でジュエリーを生み出していきます。



これは、創業以来よりの弥馬屋の物づくりのスタンスです。





=********=********=********=********=********=

=********=********=********=********=********=
宝石屋さん.com やまやくらぶ

PageTop